にんにく 体に良い

にんにくの効能

にんにくは体に良い

熊本ラーメン最大の特徴として、マー油や焦がしにんにくチップがあります。
熊本以外の豚骨ラーメンは、お好みで生のおろしにんにくをいれるシステムの
お店がありますが、最初から何らかの形でにんにくを使うラーメンは、熊本
ラーメンだけです。

 

「にんにくが体に良い」、皆さん良くご存じだと思います。
では、どのように良いのでしょうか?
「元気が出る」、「疲れない」などの漠然とした感覚を敏感に感じていらっしゃる方も
いらっしゃると思います。

 

漠然と食べていても、実はこんなに良かったんです。

 

 

疲労回復

 

これを時間している方が一番多いのではないでしょうか?
にんにくは昔から「スタミナ食」として認知されていました。

 

にんにくに含まれる特有の物質として、アリシンがあります。
アリシンは硫黄化合物の一種であり、これが独特の匂いの元となっています。

 

しかし、元々アリシンとして含まれているのではなく、アリインという無臭の成分が、
切ったり潰したりすることによって、同じくにんにくの成分の一つであるアリイナーゼ
という酵素と反応して、素早くアリシンにかわります。
丸のまま、皮も剥いていないにんにくは、匂いませんね?

 

アリシンの効果

 

にんにくの主成分であるアリシンには、こんなにたくさんの効果が確認されています。

 

疲労回復

 

胃液の分泌が促進されれば、胃で消化・吸収される、タンパク質を、より効果的
に栄養素として吸収することで、疲労から回復させます。
また、代謝を上げる効果もあることから、代謝が落ちると余計に溜まる疲れも解消し、
寒い日は体を温める作用もあります。

 

コレステロール排出、生成抑制作用

 

さらに、アリシンは、肝臓に蓄えられたコレステロールを排出しつつ、コレステロール
の合成に必要なコエンザイムの働きを抑制しますので、コレステロール値の上昇
を防ぎます。

 

抗酸化作用

 

皆さんが最近耳にする機会が増えたと思われる「活性酸素」という言葉、
あまり良いイメージはありません。
善玉活性酸素は、体内のウイルスや細菌を不活化する役目がありますが、
悪玉活性酸素は、細胞を酸化させてしまいます。
細胞の酸化は、「老化」です。

 

特に夏場は、強い紫外線や光化学スモッグなどの発生で、悪玉活性酸素が発生
しやすい環境になるため、抗酸化作用を持った成分は、体を守るために大切です。

 

血糖値上昇抑制

 

にんにくは、糖尿病の治療を受けている患者さんや、予備軍と言われている方に
食べてほしい野菜です。
アリシンとビタミンB1のコンビは、インスリンの分泌を促進して、血中のブドウ糖を
エネルギーとして利用する効果を高めるため、血中のブドウ糖の量を減らします。

 

このため、血液の粘度も下がってサラサラになり、毛細血管の末端まで血液が
届かなかったために起きる、糖尿病の合併症である、神経障害や網膜症を
予防することができます。

 

 

ビタミンB1の効果

 

にんにくには、ビタミンB1も豊富に含まれています。
ビタミンB1は、体内でアリシンと結合してアリチアミンという活性持続型ビタミンB1
となり、疲労回復に役立ちます。

 

通常、ビタミンB1は、体内に貯蔵しておくことができず、取りすぎた分は排出されて
しまうため、その都度食べ物から補う必要があります。
しかし、活性持続型ビタミンB1は、その名前のとおり、体内に留まりやすく、さらに
糖質をエネルギーに変換する働きを持っています。

 

このことからまとめると、にんにくは、ただのスタミナ食としてだけではなく、代謝を上げる、
糖質を使うという作用で、ダイエットにも向いている食品だと言えます。

 

 

食欲増進

 

にんにくの匂いは食欲をそそります。
だから、夏はそうめんやざるそばなどの冷たいあっさり系だけではなく、熱いものは
焼肉や餃子などの、にんにくが効いたものが欲しくなるんですね?

 

これも匂いの素となる硫黄化合物が、胃腸を刺激して、働きを促進している
ためです。
また、消化、吸収も促進しますので、お腹が空くのも納得です。

 

他にも、にんにくには強烈な殺菌作用など、利用価値の高い効果がたくさん
ありますが、あまりに多すぎて、全てご紹介することはできません。

 

 

にんにく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

 

 

リンク集

ホーム RSS購読 サイトマップ